直近のミサと行事の予定 

Schedule of Masses and Events

2022年5月

5月1日(日)復活節第3主日   ミサ 11:00~ 肥塚神父

 May 1st, 3rd Sunday of Easter,  

 Mass 11:00 a.m.  Fr Koezuka

 

 5月5日(木)ミサはありません

 May 7th, No Mass at Yanai catholic church

5月8日(日)復活節第3主日   ミサ 11:00~ 肥塚神父

 May 8th, 4th Sunday of Easter,  

 Mass 11:00 a.m.  Fr Koezuka

 5月11日「花咲く郷祈りの家」場所・地図

  ミサ 午前10時~ 肥塚神父    

  Mayl 11th, Mass at "Hanasakusato Inori no Ie"  Address & map→ 

  Mass 10:00 a.m. Fr.Koezuka

 

 5月12日(木)ミサ 午後2時~ 肥塚神父

 May 12th, Mass 2:00p.m.~ Fr Koezuka

 

5月15日(日)復活節第5主日   ミサ 14:00~ 肥塚神父

 May 15th, 5th Sunday of Easter,  

 Mass 2:00 p.m.  Fr Koezuka

 5月19日(木)ミサ 午後2時~ 肥塚神父

 May 19th, Mass 2:00p.m.~ Fr Koezuka

5月22日(日)復活節第6主日   ミサ 11:00~ 肥塚神父

 May 22th, 6th Sunday of Easter,  

 Mass 11:00 a.m.  Fr Koezuka

 

 5月25日「花咲く郷祈りの家」場所・地図

  ミサ 午前10時~ 肥塚神父    

  May 25th, Mass at "Hanasakusato Inori no Ie"  Address & map→ 

  Mass 10:00 a.m. Fr.Koezuka

 

 5月26日(木)ミサ 午後2時~ 肥塚神父

 May 26th, Mass 2:00p.m.~ Fr Koezuka

5月29日(日)主の昇天(祭)   ミサ 11:00~ 肥塚神父

 May 29th,Ascension of the Lord SOLEMNITY  

 Mass 11:00 a.m.  Fr Koezuka

j2_edited.jpg
カトリック柳井教会
カトリック柳井教会
press to zoom
マリア像 外
マリア像 外
press to zoom
聖堂十字架
聖堂十字架
press to zoom
アビラの聖テレサ像(聖堂内)
アビラの聖テレサ像(聖堂内)

教会の守護の聖人

press to zoom
聖母子像
聖母子像
press to zoom
パイプオルガン.jpg

​ パイプオルガン

  2019年12月 移設

《イエスの復活 ~史実として確認される事柄~》

(「生涯学習のためのキリスト論」 百瀬文晃 女子パウロ会 143~144頁)

 「しっかり確認しておきたいことは、何が史実として確かめられるのか、何が確かめられないのか、という区別です。史実として確かめられる事柄は、イエスが十字架上で死んだこと、墓に葬られたこと、その時に弟子たちが離散してしまったことです。また、その後で、イエスの遺骸がなくなっていたこと、離散した弟子たちが再びエルサレムに集結して、『イエスが生きている』と力強く語り始めたことです。そのあいだに何があったのかは、歴史家たちが確かめえないことなのですが、とにかく、あれほど弱く、信仰のなかった弟子たちが、まるで人が変わったかのように、力強くイエスの復活を告げ知らせたこと、もはやどのような権力者も弾圧できず、どのような学者も論駁することのできない確信と勇気をもって、復活の主キリストとの出会いを証言したこと、それは歴史の事実です。
 したがって、わたしたちが歴史的・文献批評的な方法で聖書を読み、イエスの復活について何を客観的に主張できるかと言えば、史実として確かめえるのは『イエスの復活』それ自体ではなく、『イエスが復活した』という弟子たちの証言なのだ、ということです。
 そこで、わたしたちの取るべき次のステップは、弟子たちの証言を研究して、弟子たちが『イエスの復活』についてどのように理解しているか、を知ることです。そこまでは、自分が信じようが信じまいが、客観的に知ることのできる事柄です。さいわいに、弟子たちの証言は書きとめられて、新約聖書としてわたしたちが今も手にすることのできるものです。
 イエスの復活についての証言には、いわゆる『復活物語』もあれば、より古いものでは『復活のケリュグマ』と呼ばれるものもあります。ケリュグマとは、原始教会の宣教活動の中で定式化された言明や信仰告白です。邦語では『使信』と訳されることもあります。」